【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンの怪我は再発の可能性大?

ザイオン・ウィリアムソンの怪我は再発の可能性大?

ニューオーリンズ・ペリカンズは先日、2019年NBAドラフト1位選手であるザイオン・ウィリアムソンが右足の第5中足骨を骨折し、手術を受けていたことを明かした。

ウィリアムソンは以前から怪我のリスクが囁かれているため、多くのペリカンズファンはウィリアムソンの健康状態を心配していることだろう。

そんな中、NBA選手の怪我とその影響を調査しているアスレチックトレーナーのジェフ・ストッツが、ウィリアムソンの怪我に言及した模様。

ストッツによると、ウィリアムソンの怪我は一般的に再発しやすい怪我として見られているという。ストッツのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

第5中足骨の骨折は、比較的再発率が高い。

特に大柄な選手にとっては問題になりやすい。

ケビン・デュラントやブルック・ロペス、グレン・デイビスが同じ怪我を負い、壁にぶつかってしまった。

ウィリアムソンが右足を怪我するのは、2019年から数えると3度目だ。

確かに気になる。

だが、ペリカンズのヘッドアスレチックトレーナーを務めるアーロン・ネルソンは非常に優秀だ。

彼がいるチームは怪我や病気による欠場試合数の少なさで常に上位に入っている。

ロビン・ロペスはフェニックス・サンズにいた時にネルソンによる処置を受け、同じ怪我からの回復に成功したんだ。

ウィリアムソンは体格から想像できないほどの爆発力を持っており、それが足に大きな負担をかけていると言われている。

体重の問題を指摘されることも少なくないが、ウィリアムソンの体重は適正だとする声もあるため、ケアを徹底するほかないだろう。

これからのNBAを牽引していくであろうウィリアムソンには、健康なNBAキャリアを送ってもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA