【スポンサーリンク】

トニー・クーコッチがルカ・ドンチッチのプレイスタイルについて「僕と同じ」

トニー・クーコッチがルカ・ドンチッチのプレイスタイルについて「僕と同じ」

シカゴ・ブルズでNBAレジェンドのマイケル・ジョーダンなどと一時代を築いたトニー・クーコッチが、NBA殿堂入りを果たした。

クロアチア出身のクーコッチは1990年のNBAドラフト29位でシカゴ・ブルズから指名。

その後ユーゴスラビアとイタリアのチームで3年間を過ごし、1993-94シーズンにブルズの一員としてNBAデビューを果たした。

クーコッチは多彩なスキルを持つユニークな選手であり、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチのプレイスタイルはクーコッチに例えられることもある。

クーコッチによると、ドンチッチのプレイはNBA入りする前の自身を思い起こさせるという。クーコッチのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

あれは僕のプレイスタイルだ。

僕がヨーロッパでプレイしていた時、まさにあのようなプレイスタイルだったんだ。

ブルズに入団すると、そのポジションはスコッティが任されることになったがね。

クーコッチがブルズで活躍したのは1990年代であり、ドンチッチが生まれたのは1999年。

現在22歳のドンチッチがクーコッチの影響を受けたとは考えがたいが、マイケル・ジョーダンの後をコービー・ブライアントが引き継いだように、NBAスターのプレイスタイルは巡り巡っているのかもしれない。

なお、クーコッチのNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームシカゴ・ブルズ
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ
アトランタ・ホークス
ミルウォーキー・バックス
出場試合数846
平均出場時間26.3
平均得点11.6
平均リバウンド4.2
平均アシスト3.7
平均スティール1.0
平均ターンオーバー1.8
FG成功率44.7%
3P成功率33.5%
フリースロー成功率72.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA