【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマス「クリーブランド時代は片足でプレイしていた」

アイザイア・トーマス「クリーブランド時代は片足でプレイしていた」

元NBAオールスターポイントガードのアイザイア・トーマスが、現地17日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でNBAに復帰した。

トーマスがNBAゲームでプレイするのは、ニューオーリンズ・ペリカンズに所属した今年4月以来となる。

トーマスはボストン・セルティックス時代に負った股関節の怪我が影響し、NBAオールスターレベルのパフォーマンスを失ってしまったわけだが、レブロン・ジェイムスとチームメイトだったクリーブランド・キャバリアーズ時代は怪我によりまったく本領を発揮できなかったという。

トーマスは復帰戦となったウルブズ戦とキャブス時代を振り返り、次のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

再びレイカーズの一員になれたこと、殿堂入りの男たちとチームメイトになったこと、殿堂入りのコーチングスタッフたちと一緒になったことは、素晴らしいことだ。

ウルブズファンからスタンディングオベーションで歓迎されたのは、僕にとって本当に意味あることだった。

僕のゲームへのアプローチをリスペクトしてくれたんじゃないかな。

これほどの健康は二度と取り戻せないと思っていた。

結果として、笑顔が止まらない。

クリーブランドでレブロンとチームメイトだった時、僕は片足でプレイしていた。

まともに動けなかったし、僕の人生で最低の瞬間につながった。

再び動けるようになり、健康を取り戻すことができたんだ。

神に毎日感謝しているよ。

トーマスはNBAゲーム復帰戦でチームハイとなる19得点を記録した。

まだ1試合を消化したのみであり、今後もNBA生き残りをかけた時間が続くことになるが、数々の困難を乗り越えてきたトーマスは不屈の精神で戦い続けることだろう。

なお、トーマスは復帰戦を終えた後、「僕ならレブロンを助けることができる」と自信を伺わせた。

トーマスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数1529
平均出場時間22.028.8
平均得点19.018.1
平均リバウンド2.02.4
平均アシスト1.04.9
平均スティール0.00.9
平均ターンオーバー2.02.3
FG成功率41.7%43.5%
3P成功率33.3%36.3%
フリースロー成功率77.8%87.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA