【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタム「自分自身を疑うことはない」

ジェイソン・テイタム「自分自身を疑うことはない」

ボストン・セルティックスのNBAオールスターフォワード、ジェイソン・テイタムは、マイアミ・ヒートとのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナル第3戦で10得点、6ターンオーバーと精彩を欠いた。

だが、シリーズ第4戦は31得点を記録し、勝利に貢献。

第3戦を終えた後、テイタムには批判が集まったというが、テイタムによると、あらゆるヘイトを引きずることなく第4戦に臨んだという。テイタムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ああいった夜の後はタフなんだ。

この時間がいかに重要なのかを分かっている。

自分のプレイにイライラする。

チームメイトたちをがっかりさせたと思う。

特に6点差くらいで敗れるとね。

だが、一晩寝た後の僕は良い仕事をしたと思う。

10得点だろうと46得点だろうと関係ない。

次の日は次の日だ。

起きたことは変えられない。

それが僕の信条さ。

この48時間はクールだった。

バスケットボールを見て、食事し、普通の日を過ごした。

もちろんプレイに戻る準備はできていたが、僕が自分自身を疑うことはない。

僕はどうプレイすれば良いのか分かっている。

何点スコアリングしようと関係ない。

コートに出て、勝利に貢献することが重要なんだ。

それが最も重要なことさ。

テイタムの活躍により、セルティックスはシリーズを2勝2敗のタイに戻すことに成功した。

テイタムには引き続き、セルティックスを勝利に導くパフォーマンスが求められる。

だが、NBAチャンピオンを目指すヒートも黙っていないだろう。

果たしてテイタムは第5戦でセルティックスを勝利に導くことができるだろうか?

なお、テイタムのNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦第3戦第4戦
出場時間44:0131:3240:4433:51
得点29271031
リバウンド8568
アシスト6545
スティール4100
ブロック1002
TO7363
FG成功率47.6%
(10/21)
61.5%
(8/13)
21.4%
(3/14)
50.0%
(8/16)
3P成功率22.2%
(2/9)
66.7%
(4/6)
14.3%
(1/7)
14.3%
(1/7)
FT成功率77.8%
(7/9)
100%
(7/7)
75.0%
(3/4)
87.5%
(14/16)
+/--8+13-7+37

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA