【スポンサーリンク】

テキサス州選出上院議員がカイリー・アービングに「ヒューストンにおいで」

テキサス州選出上院議員がカイリー・アービングに「ヒューストンにおいで」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは先日、ホームのバークレイズセンターで行われたニューヨーク・ニックス戦をひとりの観客としてスタンドで観戦した。

アービングはネッツの選手としてバークレイズセンターでプレイすることはできないものの、観客としてであればバークレイズセンターに入館できるため、ニューヨーク市の規制の矛盾点を批判する声も少なくない。

そのひとりが、テキサス州選出の上院議員であるテッド・クルーズだ。

クルーズ上院議員はニューヨーク市の規制が明らかに矛盾していることを指摘し、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

(ニューヨーク市の規制が)どれほど馬鹿げているか。

カイリーは接種を受けていなくてもスタンドで試合を観戦できる。

実際に彼はそうした。

まったく問題なしだ。

だが、彼がプレイすることは許されていない。

なぜなら、彼がバスケットボールに触ると、他の選手たちにとってリスクになるとしているからだ。

彼らはカイリー・アービングに罰金処分を科した。

彼があえてロッカールームに入ったからだ。

考えてみてくれ。

彼はスタンドで試合を観戦した。

その間選手たちと話すこともできた。

だが、彼がロッカールームに行くと、5万ドルの罰金だ。

これでは舞台が台無しだ。

カイリー・アービングにプレイさせろ。

もしブルックリンがカイリーにプレイさせないなら、私が直接売り込もう。

カイリー、ヒューストンにおいで。

ロケッツのためにプレイしてくれ。

我々は君にプレイさせる。

彼はとんでもない選手だ。

アンクルドリューが意味の分からない民主党の舞台でベンチに座らされている。

馬鹿げている。

アービングのNBA選手としての能力と才能は誰もが知るところだ。

だが、ニューヨーク市がさらなる規制緩和に踏み切らなければ、アービングはNBAプレイオフもホームでプレイすることができない。

アービングは現地8日のシャーロット・ホーネッツ戦で50得点、同15日のオーランド・マジック戦で60得点と、信じられないほどの圧倒的なパフォーマンスを見せている。

アービングのホームゲーム復帰を望む機運がますます高まる中、ニューヨーク市の今後の対処に注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA