【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがシェイク・ミルトンとの口論について「よくあること」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードとシェイク・ミルトンは現地1日のインディアナ・ペイサーズ戦第1Q終了後、ベンチで口論を繰り広げた。

エンビードの言葉にミルトンが激昂し、チームメイトが間に入る事態となったが、いったい何があったのだろうか?

エンビードは口論の詳細については明かさなかったものの、バスケットボールにおいてはよくあることだという。

エンビードはミルトンとの口論について次のように説明。clutchpoints.comが伝えている。

バスケットボールだ。

皆が過ちを犯すものさ。

よくあることであり、僕たちはもっと良くならなければならない。

どこでだって起こり得ることだ。

僕たちは起こったことを話し合い、解決方法を見つけた。

よくあることさ。

どのチームでも起こることだ。

ミルトンは第1Q終盤にボールを持ち、ピック&ロールからエンビードにパス。

だが、フリースローラインあたりに動いたエンビードに対し、ミルトンは3Pライン付近にパスを出してしまった。

結果、ルーズボールでエンビードがファウルをもらい、フリースローを獲得した。

おそらくそのプレイについて意見をぶつけ合ったと見られている。

これはあくまでバスケットボールのプレイが起因となったものであり、エンビードとミルトンの関係が悪化することはないだろう。

今季はケミストリーに問題を抱え、安定しない戦いが続いているシクサーズ。

今回の口論を今後に活かし、ケミストリーを築き上げたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA