【スポンサーリンク】

ジュルー・ホリデー ルーキーの時は「ゴムを配る役割だった」

ニューオーリンズ・ペリカンズのジュルー・ホリデーは、若手が多いチームにおいてメンターの役割も担っている。

だが、ルーキーだった時は先輩たちのお使い役をこなしていたようだ。

ホリデーによると、フィラデルフィア・セブンティシクサーズにいた当時、コンドームを買い集め、配ることも役割のひとつだったという。ホリデーのコメントをNBC Sports Philadelphiaが伝えている。

「エルトン・ブランドに言われたことはすべてやった。ウィリー・グリーンに言われたことはすべてやった。アンドレ・イグダーラに言われたことはすべてやった。チームのためにコンドームを提供する役割も含めてね」

「彼らに大きなバッグを渡された。すごく大きなバッグだ。コンドームが150個くらいかな。あらゆる遠征でそのバッグを持ち運ぶことがルーキーの仕事だった。女性と話をする時はこんな感じだったよ。『なんでこんなにたくさんのコンドームがバッグに入ってるの?怪しいわね』」

ホリデーによると、この役割はルーキーだった1年間で終わったという。

コンプライアンスが厳しくなった今も、この風習は続いているのであろうか。

いずれにせよ、ホリデーにとっては懐かしい思い出となっているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA