【スポンサーリンク】

チャータースクール開校のエネス・カンター「レブロン・ジェイムスにインスパイアされた」

ボストン・セルティックスのベテランビッグマン、エネス・カンターは先日、オクラホマシティにチャータースクールを開校する計画を立てていることを発表した。

学校の開校と聞いて思い浮かぶのは、レブロン・ジェイムスだろう。

ジェイムスは2018年、故郷アクロンに「I Promise School」を開校。

カンターはこの行動に感銘を受けたようだ。

カンターはチャータースクール開校について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「俺たちにできる最も美しいことは、俺たちの未来を教育すること、俺たちの未来に投資することだと思う。レブロンがやったことは最も美しいことだった。それにインスパイアされた。俺はレブロンを何度も批判してるよね。俺と彼はビーフを言い合ってる。だけど、彼がやったことには『ワオ、素晴らしいね』という感じさ」

カンターによると、チャータースクールは低収入の家族の子供や英語能力に乏しい移民家族の子供を対象とし、数学は科学など一般的な学習項目はもちろん、スポーツと芸術活動も取り入れるという。

開校する具体的な場所はまだ決まっていないというが、着実に計画を勧めていくであろう。

自身の行動にインスピレーションされたカンターの計画を知れば、ジェイムスも喜ぶに違いない。

チャーター・スクール (charter school) は、アメリカ合衆国で1990年代から増えつつある新しい学校の試みで、チャーター (charter) と呼ばれる特別認可、あるいは達成目標契約により認可された、初等教育もしくは中等教育レベルの学校である。

wikipediaより

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA