【スポンサーリンク】

トレードのディアンジェロ・ラッセル ウルブズは「ホームのよう」

ゴールデンステイト・ウォリアーズとミネソタ・ティンバーウルブズの間でトレードが成立し、スターポイントガードのディアンジェロ・ラッセルがウルブズに移籍した。

多くのファンがラッセルの到着を空港で待ち、両手を広げて歓迎。

大歓迎を受けたラッセルは、早くもミネソタに愛着を感じ始めたようだ。

トレード後初めてインタビューに応じたというラッセルは、次のようにコメント。the Star Tribuneが伝えている。

「飛行機から降りたとたん、愛を感じた。すでにホームのような感じだった。ホームであるかのような感覚を俺に与えてくれたんだ」

ラッセルがそう感じるのは、カール・アンソニー・タウンズの存在もあるだろう。

ラッセルとタウンズは親友関係にあり、共にプレイすることを望んでいたのだ。

ウルブズは現在13連敗中と、決して良い状態ではない。

ラッセルにはチームを立て直す重要なミッションが課されたわけだが、親友タウンズと共に強豪チームへと変貌させてくれるであろう。

また、そう願いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA