【スポンサーリンク】

クリス・ポールが過去のNBAのトレード拒否に「怒った」

今から約10年前、当時ニューオーリンズ・ホーネッツに所属していたクリス・ポールにはトレードの噂が浮上していた。

トレード交渉は実際に進んでおり、ポールはヒューストン・ロケッツを加えた3チーム間トレードでロサンゼルス・レイカーズに移籍すると報じられていた。

だが、NBAは戦力バランスが崩れることを危惧し、トレード拒否権を行使。

その結果、ポールのレイカーズ移籍は実現しなかったわけだが、NBAがトレード拒否権を行使したことを知った時、ポールは怒りに震えたという。

ポールは当時を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

電話で兄、エージェントと話をしていた。

ニューオーリンズに到着し、LA行きの飛行機便を見つけた。

するとエージェントが「ちょっと待ってくれ」と言い、言葉に詰まりながら(トレード拒否権行使について)話したんだ。

僕たちは熱くなった。

僕とコービー(・ブライアント)は話をしていたからね。

すでに話をしていたんだ。

レイカーズへのトレードが実現しなかったポールは、ロサンゼルス・クリッパーズへ移籍。

ブレイク・グリフィン、ディアンドレ・ジョーダンとともにロブシティを築き上げることになったが、NBAタイトルには手が届かなかった。

もしレイカーズへのトレードが実現していたら、今ごろチャンピオンリングを手にできていたのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA