【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「もっとシュートを決めていれば・・・」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスはロサンゼルス・クリッパーズとのシードゲーム初戦で34得点を記録し、長い中断期間のブランクを感じさせないプレイを見せた。

だが、シードゲーム2戦目となるトロント・ラプターズ戦で放ったFGはわずか7本。

クリッパーズ戦の半分となる14得点にとどまり、レイカーズを勝利に導くことができなかった。

デイビスも

デイビスによると、ラプターズ戦では積極性が足りなかったという。

デイビスはラプターズ戦を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちはフィールドからも3Pラインからもうまくシュートを撃っていなかった。

僕にダブルチームを仕掛けるという彼らのゲームプランをずっとやらせてしまった。

もし僕たちがシュートを数本決めていれば、間違いなく少し変わっていただろうね。

レブロン・ジェイムスとデイビスが徹底マークされた時、他の選手たちの奮起が不可欠となる。

だが、ラプターズ戦ではチームで40本の3Pを放ったものの、決めたのはわずか10本にとどまった。

レイカーズの次の対戦相手はドノバン・ミッチェルとルディ・ゴベール擁するユタ・ジャズ。

ラプターズ戦での失敗を引きずらない戦いを見せ、今季のNBAチャンピオン最有力候補の力を証明してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA