【スポンサーリンク】

ケビン・ノックスのニックスでの未来は不透明?

2018年のNBAドラフト9位でニューヨーク・ニックスに入団したケビン・ノックスには、ニックスをプレイオフチームへと復活させる選手への成長が期待されていた。

だが、キャリア2年目の今季は低迷し、出場時間は大幅に減少。

シーズン中にはトレードの噂が浮上するなど不安定な時間が続いているが、トレードの噂はこれからも続くかもしれない。

clutchpoints.comによると、ニックスのノックスに対する関心は薄れつつあり、来季以降の去就はまったく不透明な状況だという。

とはいえ、サイズと機動力、アウトサイドショットがある選手は貴重であり、まだまだ成長の伸びしろがあるノックスには期待したいところ。

ニックスでの未来があるか否かは、誰が次期ヘッドコーチになるかで決まることになりそうだ。

なお、ノックスのスタッツは以下の通りとなっている。

2018-19スタッツ今季スタッツ
出場試合数7565
平均出場時間28.817.9
平均得点12.86.4
平均リバウンド4.52.8
平均アシスト1.10.9
平均スティール0.60.4
平均ターンオーバー1.50.7
FG成功率37.0%35.9%
3P成功率34.3%32.7%
フリースロー成功率71.7%65.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA