【スポンサーリンク】

ブラッドリー・ビールが右肩負傷でシーズン欠場へ

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは先日、シーズン再開の地であるオーランドには帯同するものの、試合に出場するかは決めていないと報じられた。

多くのファンはビールの出場を望んでいただろうが、残念ながらオーランドでビールのプレイを見ることはできない模様。

ウィザーズのゼネラルマネージャーを務めるトミー・シェパードによると、ビールは右腱板を損傷しており、今季の残りを全休するという。

シェパードGMはビールについて次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

ブラッドリーは可能な限り準備を進めてきた。

だが、トレーニングを監視した結果、オーランドでのゲームを欠場させることが最善だという結論に達した。

さらなる怪我のリスクを避けるためにもね。

シェパートGMによると、ビールは今季序盤にも右肩の違和感を訴え、シーズン中断前には状態が悪化していたという。

ビールはオーランドに帯同すると報じられていたものの、リハビリに専念するためオーランドには向かわない予定だ。

イースタン・カンファレンス9位のウィザーズと同8位のオーランド・マジックとのゲーム差は5.5ゲーム。

ビールの欠場に伴いプレイオフレースはますます厳しくなると予想されるが、若手に経験を積ませ、ビールとジョン・ウォールが復帰する来季に備える戦いとなるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA