【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントが背番号を7番に変更した理由とは?

ケビン・デュラントが背番号を7番に変更した理由とは?

NBAスーパースターのケビン・デュラントはゴールデンステイト・ウォリアーズからブルックリン・ネッツに移籍した昨年夏、背番号を35番から7番に変更することを発表した。

デュラントは当時、背番号を変更した理由について「35番は僕をメリーランド州シート・プレザントから僕と僕の家族を連れ出し、世界を見せてくれた。だが、バスケットボール人生において新たな章を始めるにあたり、背番号を変えることにした。君たちが次に僕をコートで見る時、僕は7番をつけているだろう」と説明。

だが、背番号変更にはもうひとつの理由があったようだ。

デュラントは背番号を変更した理由について次のようにコメント。NBA Centralが伝えている。

キャリアのこの時点で新しいことを試してみたかったし、僕の大好きなスーパースターたち全員に2つの背番号があったんだ。

コーブ(コービー・ブライアント)、マイク(マイケル・ジョーダン)、ブロン(レブロン・ジェイムス)。

オクラホマシティ・サンダー時代はラッセル・ウェストブルックと、ウォリアーズ時代はステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンと共にプレイし、ネッツではカイリー・アービングとタッグを組むデュラント。

NBA屈指のスコアラーであるデュラントはアービングと共にネッツを牽引し、再び名声を得るだろう。

そして、ブライアントやジョーダン、ジェイムスと同じように後世に語り継がれる偉大なNBAレジェンドになるに違いない。

なお、デュラントのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
出場試合数849
平均出場時間36.9
平均得点27.0
平均リバウンド7.1
平均アシスト4.1
平均スティール1.1
平均ブロックショット1.1
平均ターンオーバー3.1
FG成功率49.3%
3P成功率38.1%
フリースロー成功率88.3%

【スポンサーリンク】

コメントを残す