【スポンサーリンク】

サンズ ディアンドレ・エイトンにオプション行使

サンズ ディアンドレ・エイトンにオプション行使

昨年のドラフト1位指名でフェニックス・サンズに入団したディアンドレ・エイトンは、得点とリバウンドで平均二桁のスタッツを記録した。

サンズは若手を中心に再建中であるが、エイトンに期待を寄せているのは間違いなさそうだ。

hoopsrumors.comによると、サンズはエイトンに2020-21シーズンのオプションを行使したという。

また、エイトンと同期のミカル・ブリッジズに対しても、2020-21シーズンのオプションを行使したようだ。

エイトンとブリッジズは昨季、サンズの主力として活躍。

ルーキーではあったが十分な出場時間を与えられたことから、両者には今後のサンズを牽引していくプレイヤーへの成長が期待されているのだろう。

サンズにとって難しい時間はまだ続きそうであるが、二人には着実にステップアップし、サンズを再建に導いてもらいたい。

なお、昨季のエイトンはレギュラーシーズン71試合に出場し、平均30.7分のプレイで16.3得点、10.3リバウンド、1.8アシスト、FG成功率58.5%、フリースロー成功率74.6%を記録。

ブリッジズはレギュラーシーズン82試合に出場し、平均29.5分のプレイで8.3得点、3.2リバウンドで、2.1アシスト、1.6スティール、FG成功率43.0%、3P成功率33.5%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA