【スポンサーリンク】

コービー・ホワイト「ルーキーの壁にぶち当たった」

コービー・ホワイト「ルーキーの壁にぶち当たった」

ドラフト7位指名でシカゴ・ブルズに入団したルーキー、コービー・ホワイトは、素晴らしいNBAデビューを飾った。

だが、徐々に調子を落とし、12月は出場時間が減少。

ホワイト自身も壁にぶち当たっていたと感じているようだ。

ホワイトは昨年12月のパフォーマンスを振り返り、次のようにコメント。Chicago Tribuneが伝えている。

「ルーキーの壁があるということを聞いていた。12月の俺はそれにぶち当たったと思う。12月は厳しかった。これまでの俺じゃなかったような感じだ。初めてリーグに来た時、真剣に回復に取り組み始めた。維持し、前に進むだけさ」

「毎日身体が痛かった。足がここにないような感じだった。キツかった。そういうのは初めてだったんだ。これがルーキーの壁であり、残りのシーズンはこういったものにぶち当たらないことを願ってるよ」

ここ最近は調子を取り戻しつつあり、現地10日のインディアナ・ペイサーズ戦では23得点を記録したホワイト。

ブルズは今季も厳しい状況を強いられているが、ホワイトの不調がブルズのように長引かないことを祈りたい。

なお、今季のホワイトは39試合に出場し、平均24.3分のプレイで11.6得点、3.5リバウンド、2.1アシスト、FG成功率37.8%、3P成功率35.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA