【スポンサーリンク】

タイロン・ルーHC「ジャレッド・ダドリーが言うことを誰が気にする?」

タイロン・ルーHC「ジャレッド・ダドリーが言うことを誰が気にする?」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのジャレッド・ダドリーが自身の著書の中でレイカーズとロサンゼルス・クリッパーズのライバル関係について言及し、ポール・ジョージを批判したと報じられた。

この件について、ジョージは「彼に神の祝福を。ジャレッド・ダドリー、君の神の祝福を」などとまったく相手にしていない様子。

クリッパーズを指揮するタイロン・ルーHCも、ダドリーに影響力はないと感じているのかもしれない。

ルーHCはダドリーのジョージ批判について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

ジャレッド・ダドリーが言うことを誰が気にするんだ?

ここで悪口を言うわけにはいかないから、悪口は言わない。

だが、誰が気にするんだ?

ただ自分自身であり続け、自分自身のゲームをプレイする。

外部の人間が言っていることや思っていることは気にしない。

我々がPGをどう思っているのか、我々全員が分かっている。

我々のチーム、我々の組織が分かっている。

それが重要なことだ。

彼は素晴らしいシーズンを送っている。

健康だし、このチームのために素晴らしいことをたくさんやってくれている。

我々が気にかけているのはそれだけだ。

私としては、外部の人間が何を言おうと気にしない。

PGにも気にしてもらいたくないね。

クリッパーズはこの日、クリーブランド・キャバリアーズと対戦。

ジョージは9本中8本の3Pを含む36得点、4リバウンド、6アシストと爆発し、クリッパーズを勝利に導いた。

もしかしたらジョージはキャブス戦の前にダドリーのストーリを耳にし、それをモチベーションにしたのかもしれない。

いずれにせよ、レイカーズとクリッパーズにライバル対決はますます熱を帯びることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA