【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズに飛躍の兆候?

アンソニー・エドワーズに飛躍の兆候?

2020年のNBAドラフト1位でミネソタ・ティンバーウルブズに入団したアンソニー・エドワーズは、チームの未来を担うであろう若手有望株のひとりだ。

21歳という若さながら昨季は平均20得点以上を記録するなど、着実に成長しているエドワーズ。

だが、NBAキャリア3年目の来季はさらに成長した姿を見せてくれるかもしれない。

fadeawayworld.netによると、エドワーズはこの夏を通してトレーニングに没頭しており、周囲の人々はエドワーズを「モンスター」のように見ているという。

ウルブズは先日のトレードでNBAオールスターセンターのルディ・ゴベア獲得に成功した。

来季のウルブズはカール・アンソニー・タウンズを4番のポジションでプレイさせ、ゴベア、タウンズ、エドワーズを中心としたプレイを構築すると見られている。

だが、もしエドワーズがさらに飛躍することができれば、チームのメインスコアラーはエドワーズが担うだろう。

常に強気の発言を押し通し、誰が相手でも決して引くことなく立ち向かっていくエドワーズ。

それほど強いメンタルを持てているのは、強烈なトレーニングに裏打ちされているからなのかもしれない。

なお、エドワーズの2020-21シーズンと昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数7272
平均出場時間32.134.3
平均得点19.321.3
平均リバウンド4.74.8
平均アシスト2.93.8
平均スティール1.11.5
平均ターンオーバー2.22.6
FG成功率41.7%44.1%
3P成功率32.9%35.7%
フリースロー成功率77.6%78.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA