【スポンサーリンク】

アレクセイ・ポクシェフスキーが脛骨高原骨折により6~8週間離脱へ

アレクセイ・ポクシェフスキーが脛骨高原骨折により6~8週間離脱へ

NBAキャリア3年目を迎えているオクラホマシティ・サンダーのアレクセイ・ポクシェフスキーが、少なくとも6~8週間は離脱する模様。

hoopsrumors.comによると、フォワードのポクシェフスキーが左足の脛骨高原骨折を負い、6~8週間後に再評価を受ける予定だという。

現在21歳のポクシェフスキーは、先日のサンアントニオ・スパーズ戦で負傷した。

今季ほとんどの時間をセンターのポジションでプレイしているポクシェフスキーが離脱したことにより、サンダーはインサイドで厳しい戦いを強いられることになりそうだ。

なお、ポクシェフスキーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数31137
平均出場時間21.821.9
平均得点8.8
(キャリアハイ)
8.1
平均リバウンド5.15.0
平均アシスト2.0
(キャリアワースト)
2.1
平均スティール0.6
(キャリアハイタイ)
0.6
平均ブロックショット1.3
(キャリアハイ)
0.9
平均ターンオーバー1.31.7
FG成功率40.0%39.0%
3P成功率37.6%
(キャリアハイ)
30.3%
フリースロー成功率63.6%
(キャリアワースト)
69.6%

【スポンサーリンク】

コメントを残す