【スポンサーリンク】

ニック・ナースHCが主力不在のラプターズの指揮について「楽しくない」

ニック・ナースHCが主力不在のラプターズの指揮について「楽しくない」

トロント・ラプターズは現在、主力不在での戦いを強いられている。

先日行われたブルックリン・ネッツ戦ではNBAオールスターガードのフレッド・バンブリートが病気で、パスカル・シアカムが股関節の怪我で、スコッティ・バーンズとプレシャス・アチウワが足首の怪我で、ダラノ・バントンが足首の怪我と病気で、オットー・ポーターJrがつま先の怪我で欠場したのだ。

指揮官のフレッド・バンブリートも、この状況に苦しんでいるのかもしれない。

ナースHCは主力不在のチームを指揮することについて質問されると、次のように答えたという。Sportsnet.caが伝えている。

正直言うと、まったく楽しくない。

たまにであれば、チャレンジを楽しめるかもしれないね。

だが、3週間連続だ。

楽しめないよ。

世界が終わったわけではないし、今いる選手たちはよくやってくれていると思う。

スタッツのいくつかのカテゴリを見てみると、我々のオフェンスとディフェンスは今もNBAトップ10だ。

数週間にわたって怪我があるにもかかわらずね。

ラプターズのオフェンシブレーティング(112.7)は、NBAトップ10にランキングされている。

だが、主力陣の離脱に伴い、ディフェンシブレーティングはNBA14位の110.9に低下。

つまり、ディフェンスで苦しんでいるのは明らかだが、離脱中の選手たちが一日も早く復帰し、ラプターズの勝利に貢献できるようになるのを祈るばかりだ。

なお、ラプターズの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
11/26ダラス・マーベリックスホーム
11/28クリーブランド・キャバリアーズホーム
11/30ニューオーリンズ・ペリカンズアウェイ
12/2ブルックリン・ネッツアウェイ
12/3オーランド・マジックホーム
12/5ボストン・セルティックスホーム
12/7ロサンゼルス・レイカーズホーム
12/9オーランド・マジックアウェイ
12/11オーランド・マジックアウェイ
12/14サクラメント・キングスホーム

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA