【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがレイカーズの問題点を指摘「自業自得」

レブロン・ジェイムスがレイカーズの問題点を指摘「自業自得」

NBAオールスターのレブロン・ジェイムス擁するロサンゼルス・レイカーズは、ディフェンスのアイデンティティを取り戻してNBAプレイオフ復帰を目指すはずだった。

だが、攻守にわたってレイカーズを牽引していたアンソニー・デイビスが足の怪我で離脱すると、レイカーズは3試合連続で130失点以上を記録。

ディフェンスが崩壊しているのは明白だが、ジェイムスによると、レイカーズには他にも問題があるという。

ジェイムスはホーネッツに敗れた後、レイカーズの問題点について次のように指摘。lakersnation.comが伝えている。

競っている時だけではない。

試合全体を通してだ。

僕たちは17オーバーを犯し、そこから相手に32点を与えてしまった。

彼ら(ホーネッツ)はファストブレイクで29点だ。

オフェンスを仕掛けた時のターンオーバーのいくつかは問題ない。

だが、不注意によるターンオーバーは、相手に簡単にファストブレイクポイントを奪われてしまう。

僕たちはトランジションの時に相手にマッチアップしていない。

リバウンドの時に相手の身体にぶつかりにいっていない。

自業自得だ。

僕たちにはミスする余裕がそんなにないんだ。

僕たちは自分たちにコントロールできることをコントロールしなければならない。

試合は終了のブザーが鳴るまで終わらない。

16点差を追っていようと、どんな状況であろうと、ひとつひとつのポゼッションに集中し、プレイし続けなければならない。

僕たちは第3Qで16点差を追っていたが、交代で入った選手たちがチームを回復させてくれた。

良いバスケットボールをプレイしていたと思うし、ゲームを取り戻した時はそれを続けようと努力した。

僕たちにもチャンスはあったんだ。

そう語ったジェイムスだが、やはりディフェンスの崩壊は否めない。

もはや昨季と同じような状況に陥りつつあるように見える中、4度のNBAタイトル獲得を誇るジェイムスにはレイカーズを復活に導く働きを期待したいところだ。

なお、レイカーズは現地25日のクリスマスゲームを皮切りに、ロード5連戦に臨む。

レイカーズの今後10試合のスケジュールは以下の通りだ。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
12/25ダラス・マーベリックスアウェイ
12/27オーランド・マジックアウェイ
12/28マイアミ・ヒートアウェイ
12/30アトランタ・ホークスアウェイ
1/2シャーロット・ホーネッツアウェイ
1/4マイアミ・ヒートホーム
1/6アトランタ・ホークスホーム
1/7サクラメント・キングスアウェイ
1/9デンバー・ナゲッツアウェイ
1/12ダラス・マーベリックスホーム

【スポンサーリンク】

コメントを残す