【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックのシュートは改善せず?

ラッセル・ウェストブルックのシュートは改善せず?

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックは昨季、十分なパフォーマンスを見せることができず、NBAファンから強烈にバッシングされた。

シュートの精度の低さやターンオーバー、精彩を欠いたディフェンスは大きな問題となり、レイカーズファンから見放されてしまったウェストブルック。

ヘッドコーチのダービン・ハムはウェストブルックにNBAチャンピオンクラスのディフェンスとコーナースリーを要求するというが、少なくともシュートの問題は克服できていないのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウェストブルックはアシスタントコーチのフィル・ハンディと1on1の練習をしたところ、ジャンパーの大半を外してしまったという。

もしウェストブルックが結果を残すことができなかった場合、レイカーズはウェストブルックをベンチ要員とすることも厭わないと噂されている。

NBA2022-23シーズン開幕まで2ヶ月を切った中、ウェストブルックはシュートタッチを掴み、スコアリングで勝利に貢献することができるだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    数ヶ月で改善するならNBA選手みんなシュート上手い奴ばっかになるしな

    改善なんて数年がかりやろ

*

CAPTCHA