【スポンサーリンク】

レイカーズがトレードでゲイリー・トレントJr獲得を狙う?

レイカーズがトレードでゲイリー・トレントJr獲得を狙う?

NBAタイトル奪還を目指すロサンゼルス・レイカーズは、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを中心とし、彼らをサポートできる選手を集めると見られている。

その候補のひとりはトロント・ラプターズの若手有望株なのかもしれない。

nbaanalysis.netによると、レイカーズはNBAキャリア4年目を終えたゲイリー・トレントJrに関心を持っているという。

トレントJrはスコアリングに定評あるNBA選手であり、2021-22シーズンはディフェンス面も改善された。

もしレイカーズがトレントJrを獲得することができれば、今後長く主力のひとりとして起用することができるだろう。

だが、レイカーズにはトレードを実現させるただけの資産が十分にない。

現時点ではテイレン・ホートン・タッカー、ケンドリック・ナン、NBAドラフト1巡目指名権が最も大きなトレード資産と言えるだろうが、ホートン・タッカーとナンの市場価値は低下傾向にある。

ラプターズにとってNBAドラフト1巡目指名権は魅力的なオプションかもしれないが、ラプターズが求めているのは即戦力であり、やはりこのトレードが実現する可能性は極めて低いと言わざるを得ないだろう。

なお、トレントJrの契約はプレイヤーオプションを含めると2023-24シーズンまで残っている。

トレントJrの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数70204
平均出場時間35.027.9
平均得点18.3
(キャリアハイ)
13.5
平均リバウンド2.7
(キャリアハイ)
2.2
平均アシスト2.0
(キャリアハイ)
1.4
平均スティール1.7
(キャリアハイ)
1.1
平均ターンオーバー1.00.7
FG成功率41.4%41.6%
3P成功率38.3%38.9%
フリースロー成功率85.3%
(キャリアハイ)
82.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA