【スポンサーリンク】

ウォリアーズがターゲットにすべきベテラン4選手とは?

ウォリアーズがターゲットにすべきベテラン4選手とは?

昨季NBAチャンピオンのゴールデンステイト・ウォリアーズは、アンドレ・イグダーラの復帰に備えてロスターに空きを残している。

ウォリアーズはイグダーラが戻って来るなら喜んで受け入れるというが、イグダーラがNBAキャリアを終える場合、もしくは他のNBAチームと契約する場合に備えなければならないだろう。

clutchpoints.comによると、もしイグダーラが選手として戻って来ない場合、ウォリアーズは以下のベテラン4選手に注目すべきだという。

ラマーカス・オルドリッジ

ベテランビッグマンのラマーカス・オルドリッジは不整脈で一度は現役を退いたものの、昨季中に復帰。

ミドルレンジジャンパーを得意とするオルドリッジが加われば、ステフィン・カリーやジョーダン・プールなどのドライブはより容易になるだろう。

2021-22NBAキャリア
出場試合数471076
平均出場時間22.333.7
平均得点12.919.1
平均リバウンド5.58.1
平均アシスト0.91.9
平均スティール0.3
(キャリアワーストタイ)
0.7
平均ブロックショット1.01.1
平均ターンオーバー0.91.5
FG成功率55.0%
(キャリアハイ)
49.3%
3P成功率30.4%32.0%
フリースロー成功率87.3%
(キャリアハイ)
81.3%

カーメロ・アンソニー

元NBAオールスターフォワードのアンソニーは昨季、ロサンゼルス・レイカーズで重要なスコアラーのひとりとして活躍した。

昨季3P成功率37.5%を記録したアンソニーのアウトサイドシュートは、ウォリアーズのベンチスコアリングを助けるだろう。

なお、アンソニーにはブルックリン・ネッツなど複数のNBAチームが関心を持っていると噂されている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数691260
平均出場時間26.034.5
平均得点13.3
(キャリアワースト)
22.5
平均リバウンド4.26.2
平均アシスト1.02.7
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー0.92.4
FG成功率44.1%44.7%
3P成功率37.5%35.5%
フリースロー成功率83.0%81.4%

ポール・ミルサップ

ミルサップは昨季中のトレードでネッツからフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍。

ウォリアーズと契約したとしても十分な出場時間は得られないと見られている。

だが、リーダーシップに定評あるミルサップは、イグダーラが抜けたスポットにうまくフィットするに違いない。

2021-22NBAキャリア
出場試合数331085
平均出場時間11.428.1
平均得点3.513.4
平均リバウンド3.57.1
平均アシスト0.92.2
平均スティール0.31.2
平均ブロックショット0.41.0
平均ターンオーバー0.61.7
FG成功率39.1%48.9%
3P成功率22.9%34.1%
フリースロー成功率70.8%73.6%

トレバー・アリーザ

全盛期の頃のアリーザは、3ポイントとディフェンスに定評ある選手だった。

現在37歳ということもあり、衰えは否めないが、若手が多いウォリアーズにおいて貴重なメンターとなるだろう。

なお、アリーザはどのNBAチームとも契約できなかった場合、引退する可能性があると報じられている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数241118
平均出場時間19.329.5
平均得点4.010.4
平均リバウンド3.44.8
平均アシスト1.12.1
平均スティール0.51.5
平均ターンオーバー0.51.3
FG成功率33.3%42.2%
3P成功率27.0%35.1%
フリースロー成功率55.6%73.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA