【スポンサーリンク】

トレイ・ヤング「僕たちならNBAチャンピオンになれる」

トレイ・ヤング「僕たちならNBAチャンピオンになれる」

アトランタ・ホークスは2年連続となるNBAプレイオフ進出を果たしたものの、昨年以上の結果を残すことができなかった。

この状況を打開すべく、ホークスはこの夏のトレードでNBAオールスターのデジョンテ・マリーを獲得。

来季はトレイ・ヤングとマリーのNBAオールスターデュオが牽引するだろうが、ヤングはマリーを加えたチームに自信を持っているようだ。

ヤングはホークスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちならチャンピオンになれる。

僕たちはそう信じている。

僕はそう思っているし、チームメイトたちも同じメンタリティだ。

他人がどう思っているかなんて、本当に関係ない。

そう話すヤングだが、イースタン・カンファレンスを勝ち抜くのは簡単ではない。

昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックス、ケビン・デュラントとカイリー・アービング擁するブルックリン・ネッツ、ジョエル・エンビードとジェイムス・ハーデン擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ザック・ラビーンとデマー・デローザン擁するシカゴ・ブルズ、NBAオールスターを3人抱えるクリーブランド・キャバリアーズ、ヤニス・アンテトクンポ率いるミルウォーキー・バックス、ジミー・バトラー率いるマイアミ・ヒートと、イーストは強豪揃いだ。

新たな相棒を得たヤングは果たしてホークスにNBAタイトルをもたらすことができるだろうか?

なお、ヤングの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数76280
平均出場時間34.933.6
平均得点28.425.3
平均リバウンド3.7
(キャリアワーストタイ)
3.9
平均アシスト9.7
(キャリアハイ)
9.1
平均スティール0.90.9
平均ターンオーバー4.04.1
FG成功率46.0%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率38.2%
(キャリアハイ)
35.5%
フリースロー成功率90.4%
(キャリアハイ)
87.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA