【スポンサーリンク】

デニス・シュルーダーがレイカーズ復帰の理由について「やり残したことがあったから」

デニス・シュルーダーがレイカーズ復帰の理由について「やり残したことがあったから」

ロサンゼルス・レイカーズは先日、ベテランポイントガードのデニス・シュルーダーと契約した。

シュルーダーは2020-21シーズンにレイカーズの一員としてプレイしたものの十分な実績を残すことができず、レイカーズとの再契約を勝ち取ることができなかった。

だが、シュルーダーにはずっと心残りがあったのかもしれない。

シュルーダーによると、NBAスターのレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスがいることも大きいが、レイカーズ復帰を決めた大きな理由はやり残している仕事があるから、そしてアトランタ・ホークス時代にともに過ごしたダービン・ハムがいるからだったという。

シュルーダーはレイカーズ復帰について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

主な理由は、やり残した仕事があるからだ。

正直に話すとね。

僕が2013年にアトランタにドラフトされた時から、彼(ハムHC)とは一緒だ。

彼は僕に本当に良くしてくれている。

何年にもわたって彼から学んでいるし、連絡を取り続けている。

彼の家族に電話することもあるんだ。

彼も知っていることさ。

試合に勝つためならどんなことだってやるよ。

一方、ハムHCによると、当時はシュルーダーの指導役を任されていたという。

彼と僕はアトランタで一緒に5年間過ごした。

彼が初めて(NBAに)来た日から一緒だ。

僕がコーチングスタッフのひとりだった時、彼は僕が指導を任された選手のひとりだった。

彼は僕の家族のようなものさ。

ハムHCによると、シュルーダーに「僕がヘッドコーチになったら、君は僕のためにプレイするだろう」と冗談を言っていたという。

レイカーズの一員として「やり残したことがある」というシュルーダーにとって、ハムHCは誰よりも心強いサポーターとなるだろう。

シュルーダーが仕事を完遂し、ハムHCと抱き合って喜ぶ姿をぜひ見たいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA