【スポンサーリンク】

ダンカン・ロビンソンが指の手術で4週間以上離脱へ

ダンカン・ロビンソンが指の手術で4週間以上離脱へ

NBAキャリア5年目を迎えているマイアミ・ヒートのダンカン・ロビンソンは、指に痛みを抱えながらプレイしている。

だが、セカンドオピニオンを求めた結果、ロビンソンは手術を受けることを余儀なくされた模様。

MiamiHeraldの記者によると,右手中指の靭帯を断裂していることが判明したロビンソンは現地4日に手術を受ける予定であり、4週間後に再評価を受ける見込みだという。

ロビンソンは昨年11月、シュートアラウンド時にチームメイトのジャージーに指をひっかけて負傷。

その後は痛みに耐えながらプレイしたものの、セカンドオピニオンを求めた結果、手術は避けて通れなかったという。

今季のロビンソンはリズムを掴めずにいるが、この離脱期間にリフレッシュし、アウトサイドシュートを取り戻すことを期待したいところだ。

なお、ロビンソンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数28267
平均出場時間17.926.7
平均得点6.911.4
平均リバウンド1.92.8
平均アシスト1.21.5
平均スティール0.3
(キャリアワーストタイ)
0.5
平均ターンオーバー0.70.9
FG成功率36.8%
(キャリアワースト)
43.0%
3P成功率33.1%40.1%
フリースロー成功率90.9%86.4%

【スポンサーリンク】

コメントを残す