【スポンサーリンク】

ハムストリングの問題で再離脱のブラッドリー・ビール「イライラする」

ハムストリングの問題で再離脱のブラッドリー・ビール「イライラする」

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、12月にハムストリングの張りにより半分以上の試合を欠場した。

その間治療に専念し、現地1月2日に行われたミルウォーキー・バックス戦でラインナップに復帰。

だが、第2Q中にハムストリングの問題が再発し、途中退場を余儀なくされた。

ビールは長引くハムストリングの問題とチームに貢献できないことにイライラしているようだ。

ビールは自身の状況について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

何度か加速しようとしたが、(ハムストリングの問題が)邪魔した。

イライラする。

なぜなら、ここ48時間は問題なかったからね。

僕以上にプレイしたいと思っている人間はいない。

だが、僕はスマートに対処しなければならない。

タフだ。

イライラする。

僕はいつも「最高の能力はプレイできる状態にあること」と言っている。

それができていない。

明らかにイライラする。

だが、僕はゲームに貢献できることがまだあることを理解しなければならない。

タフだ。

僕たちは良いプレイをしてるからね。

その一部になりたい。

主力陣が復帰したバックスに敗れたことにより、ウィザーズの連勝は5でストップした。

この日のウィザーズはアウトサイドシュートが決まらず、チーム全体で決めた3ポイントは8本(8/27)。

ウィザーズが1試合10本未満の3ポイントに終わるのは、今季21度目だという。

ビールが再び離脱するとなると、ウィザーズのアウトサイドシュートはさらに厳しくなるだろう。

ウィザーズは現地2月9日のトレード期限までにロスターを調整する可能性があるというが、トレード市場ではシューターを中心に探すことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す