【スポンサーリンク】

カイリー・アービングの去就はケビン・デュラント次第?

カイリー・アービングの去就はケビン・デュラント次第?

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントは、FA交渉解禁の数時間前にブルックリン・ネッツにトレードを要求した。

NBA史上最高のスコアラーのひとりと称されるデュラントには複数のNBAチームが関心を持っており、ここ最近はボストン・セルティックスが精力的に動いているという。

一方、デュラントの親友であり、チームメイトであるカイリー・アービングの去就にも注目が集まっているが、アービングの去就はデュランドの去就次第となるかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ネッツはデュラントのトレードが実現しないならデュラントとアービング体制を来季も継続させ、デュラントのトレードが実現するなら積極的にアービングのトレード交渉を進めるという。

もしトレードが実現した場合、NBAタイトル獲得は難しくなることから、アービングをロスターに残す意味がなくなる。

ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイはアービングとの長期大型契約を望んでいないこともあり、トレードを推し進めるだろう。

一方で、ネッツはデュラントのトレードにおいて相当な見返りを要求している。

ユタ・ジャズはNBAオールスターセンターのルディ・ゴベアをトレードで放出し、大量の資産獲得に成功したが、ネッツはそれ以上の見返りを要求しているというから、トレードが実現するのは簡単ではない。

いずれにせよ、デュラントの去就が決まらない限り、アービングの状況が動くことはなさそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA