【スポンサーリンク】

マーク・キューバンがニックスのタンパリング疑惑について「ノー」

マーク・キューバンがニックスのタンパリング疑惑について「ノー」

ニューヨーク・ニックスは今年のFA市場でジェイレン・ブランソンを獲得した。

ニックスは以前からブランソンに強い関心を持っており、NBAプレイオフ期間中にフロントオフィスのメンバーがブランソンを視察したり、ブランソンの父をアシスタントコーチに採用するしたりすると、FA交渉解禁直後にブランドンと契約。

そのためニックスにタンパリングの疑惑がかかっているというが、ダラス・マーベリックスのオーナーを務めるマーク・キューバンによると、ニックスはルールに則ってブランソンとの契約を勝ち取ったという。

タンパリングの可能性について質問されたキューバンは、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

ノーだ。

彼ら(ニックス)は完璧だった。

間違ったことは何もなかったと思う。

これはビジネスであり、こういうものだ。

(タンパリングを)決めるのは僕ではない。

NBAの仕事さ。

もう終わったことだ。

僕はジェイレンに頑張ってほしいと思っている。

彼は素晴らしい男さ。

もし僕が彼のことを嫌いならこうならないだろうが、彼は思いやりのあるすごく、すごく良い男なんだ。

我々のチームは変わり、少しサイズが上がったし、もっとスコアリングできるようになるだろう。

平均17得点のジェイレンを失ってしまったが、平均17~18得点のティミー(ティム・ハーダウェイJr)が戻って来るし、平均17、18、19得点のクリスチャン・ウッドを獲得したんだ。

おそらくFA市場が始まる前に選手と契約交渉することは日常茶飯事だろう。

キューバンもそれを理解しているがゆえ、今回の発言に至ったのかもしれない。

一方、NBAは周囲の声にかかわらず、タンパリングの調査を行うと噂されている。

もしタンパリングがあったと認められたら、ニックスは昨季のマイアミ・ヒートやシカゴ・ブルズのようにNBAドラフト2巡目指名権を失うことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA