【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックとエージェントが「和解できない相違」で決別

ラッセル・ウェストブルックとエージェントが「和解できない相違」で決別

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックは2008年のNBAドラフト4位でプロの世界に足を踏み入れて以降、ひとりのエージェントにあらゆる交渉を任せてきた。

だが、ウェストブルックは環境の変化を望んでいるのかもしれない。

ESPNによると、ウェストブルックのエージェントを長年務めたサッド・フォウチャーは、ウェストブルックとの間に「和解できない違い」があるとし、ウェストブルックと決別したことを明かしたという。

フォウチャーは、ウェストブルックがレイカーズに残留し、ダービン・ハムHCのサポートを受けながらスターターとしてプレイすることが最善の選択と主張。

だが、フォウチャーとウェストブルックの間に和解できない相違があるというなら、ウェストブルックはレイカーズを離れることを望んでいるのだろうか?

ウェストブルックが今何を考えているかは誰にも分からないが、少なくともエージェントの決別は大きな動きのきっかけとなりそうだ。

なお、レイカーズはウェストブルックをトレードで放出してカイリー・アービングを獲得することを狙っており、サンアントニオ・スパーズやユタ・ジャズなど第3のNBAチームを巻き込んだトレードを模索していると報じられている。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    人格面では優れた選手よな。
    プレーの衰えが酷いだけで。

  2. By 匿名

    プレイはあれだけで
    トレード要求しないだけ大人だよな

*

CAPTCHA