【スポンサーリンク】

リッキー・ルビオが数年後のNBA引退を再び示唆「長くは残らない」

リッキー・ルビオが数年後のNBA引退を再び示唆「長くは残らない」

クリーブランド・キャバリアーズのベテランポイントガード、リッキー・ルビオは先日、子供が学校に通い始める数年後にNBAを去り、母国スペインに帰国する計画があることを明かした。

復帰が着実に近づいている今も、その計画に変わりはないようだ。

ルビオは先日、数年後にNBAを離れ、スペインに帰国する予定であることを再び明かしたという。ルビオのコメントをeurohoops.netが伝えている。

手術から2週間後に(スペインの)マズノウに着いた時のことだ。

松葉杖をついていた僕は家の階段をどう降りたらいいのか分からなかった。

時差ボケがあった朝5時のことだった。

僕は泣き出してしまった。

すると、妻が僕を抱きしめてくれたんだ。

それで十分だった。

辛いことは分かっていたが、僕の側には彼女がいる。

辛い時はすごく救いになっているんだ。

正直に話すと、僕はNBAにあまり長くは残らないと思う。

息子が学校に通い始めたら、僕はバダロナにある家に落ち着きたい。

2年後か3年後に(NBAを)去ると思う。

僕はクリーブランドに居場所を見つけたと感じている。

快適に過ごしている。

このプロジェクトで頂点を目指したい。

ファイナルでプレイするのが僕の夢さ。

ルビオはこの夏にキャブスと3年契約を結んだ。

3年目は部分保証になっているというが、ルビオがNBAチームと契約を結ぶのはこれが最後になるだろう。

ルビオは残り数年、NBAで全力を尽くし、夢に向かって突き進むに違いない。

なお、ルビオは先日、3on3の練習に復帰したと報じられた。

【スポンサーリンク】

コメントを残す