【スポンサーリンク】

サンズがトレードでジェイレン・マクダニエルズ獲得を狙う?

サンズがトレードでジェイレン・マクダニエルズ獲得を狙う?

フェニックス・サンズは現在泥沼の6連敗中だ。

デビン・ブッカーなど主力選手たちを欠くサンズは順位をウェスタン・カンファレンス8位に落とすなど厳しい戦いが続いているため、現地2月9日のトレード期限までにロスターを調整すると見られている。

そのターゲットのひとりが、NBAキャリア4年目を迎えているシャーロット・ホーネッツのフォワードなのかもしれない。

RealGMによると、サンズは今季をブレイクアウトのシーズンとしているジェイレン・マクダニエルズに関心を持っているという。

マクダニエルズはNBAキャリア3年目となる昨季、出場時間が減少していた。

だが、スティーブ・クリフォードがヘッドコーチに就任すると、出場時間が増加。

今季はNBAキャリアベストの平均10.9得点を記録するなど、ホーネッツのローテーションに欠かせない選手のひとりとなった。

しかし、ホーネッツは現在イースタン・カンファレンス14位と低迷。

プレイインゲームに出場できるイースト10位のシカゴ・ブルズとは8ゲーム差あり、NBAプレイオフ進出は難しい状況にあるため、ロスターを再編すると見られている。

ただし、ホーネッツが今年夏に完全FAになるマクダニエルズをトレードで放出する場合、多くのNBAチームがオファーを出すと予想されるため、サンズにとっては厳しいトレード獲得レースとなるだろう。

果たしてサンズはマクダニエルズのトレード獲得レースを勝ち抜き、チームを立て直すことができるだろうか?

なお、ホーネッツは若手有望株もしくはNBAドラフト指名権を求めるとされているため、サンズはジェイ・クラウダーをトレード要員として第3のNBAチームを巻き込む可能性があると報じられている。

マクダニエルズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数41159
平均出場時間26.520.0
平均得点10.9
(キャリアハイ)
7.7
平均リバウンド4.9
(キャリアハイ)
3.8
平均アシスト2.1
(キャリアハイ)
1.3
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー1.40.9
FG成功率45.8%
(キャリアワースト)
46.9%
3P成功率34.2%35.2%
フリースロー成功率87.7%
(キャリアハイ)
78.2%

【スポンサーリンク】

コメントを残す