【スポンサーリンク】

ネッツの元幹部がカイリー・アービングの放出を進言?「再検討してほしい」

ネッツの元幹部がカイリー・アービングの放出を進言?「再検討してほしい」

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングが反ユダヤ主義に満ちた映画をTwitter上でシェアしたことが波紋を呼んでいる。

ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイがアービングの投稿を批判したただけでなく、ネッツの組織とNBAが声明を発表するなど問題は深刻化しつつように思えるが、ツァイだけでなくネッツの元従業員もアービングに落胆したのかもしれない。

ネッツのデジタルメディア部門で幹部として働いていたジョーダン・ラビノウィッツはアービングの発言を受け、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

この人間(アービング)のプロモーションとマーケティングをもうしなくていいと思うと、すごく、すごく嬉しいよ。

僕には耐えられなかっただろうね。

ネッツには相当な数のユダヤ人の社員がいる。

彼らはあらゆる部門を代表している。

ジョー(ツァイ)とショーン・マークスが彼らのために正しい行動をとり、あの人間が彼らのチームにとって本当に価値があるのか再検討してほしい。

ネッツにとって喜べないのはアービングのツイートだけでなく、今季1勝5敗にとどまっていることもだろう。

すべてが悪い方向に向かいつつある中、ネッツのフロントオフィスは果たしてどう対処するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA