【スポンサーリンク】

トレード噂浮上のカイル・クーズマが延長契約を避ける理由について「スマートなビジネスではない」

トレード噂浮上のカイル・クーズマが延長契約を避ける理由について「スマートなビジネスではない」

ワシントン・ウィザーズのカイル・クーズマは先日、来年夏にプレイヤーオプションを破棄してFAになることを宣言した。

クーズマは今季中にウィザーズと延長契約を結ぶこともできるが、延長契約に応じず、FAになる来年夏に大型契約を狙うと見られている。

そんな中、クーズマが延長契約を避ける理由やトレードの噂について言及した模様。hoopsrumors.comが伝えている。

(延長契約を結ぶのは)スマートなビジネスではない。

もし今契約すれば、稼ぐことができるのは最大1500万ドルだ。

市場を見てみると、適切な市場価値ではない。

僕は(トレードを)働きかけることもできる。

だが、そうするのはすごく未熟なことだ。

僕は未熟な人間ではない。

僕はプロフェッショナルなやり方でビジネスをしたい。

だから、(他のNBAチームに)トレードを働きかけることはないよ。

(トレードの可能性については)何も聞いていない。

ウィザーズは僕を愛してくれている。

レイカーズはトレードを実現するために何か持っているのか?

彼らに指名されてレイカーになり、あのプラットフォームを得ることができたのは、僕にとって最高の出来事だったと確信している。

世界中の何百万人もの人々に知ってもらえるのは光栄なことだ。

それがレイカーになるということさ。

レブロン(・ジェイムス)から学び、チャンピオンになった。

すべてが素晴らしかったんだ。

だが、もう少しフェアに評価してほしかった。

僕の役割や犠牲の大きさを考えるとね。

犠牲を払うのは良いことだ。

チャンピオンになるためには、必ず犠牲にならなければならない。

全員が犠牲にならなければならない。

だが、僕はフェアに評価されなかったと思う。

一度もね。

だが、すべてのことには理由がある。

僕は今、ここワシントンにいる。

僕はここで自分のゲームの幅を広げ、開花することができたんだ。

レイカーズ時代のクーズマはジェイムスとアンソニー・デイビスの影に隠れる選手だった。

だが、トレードでウィザーズに移籍すると、ブラッドリー・ビールとともにチームを牽引する選手に成長。

もちろんレイカーズ時代と比較すると、ファンからより注目され、浴びる声援も大きくなった。

クーズマはレイカーズからトレードされたことにより選手として、人として一回り大きくなることができたという。

クーズマがいつウィザーズを離れるのか、それとも来年夏にウィザーズと大型契約を結ぶのかは分からないが、クーズマはスポットライトを浴びるためにNBA選手としてこれからも成長し続けるだろう。

【スポンサーリンク】

コメントを残す