【スポンサーリンク】

ジャマール・クロフォード「カリス・レバートにペニー・ハーダウェイとジョー・ジョンソンを感じる」

ブルックリン・ネッツは現地30日から再開するNBAシーズンをケビン・デュラント、カイリー・アービング、スペンサー・ディンウィディ、ディアンドレ・ジョーダンなど主力選手たち抜きで戦わなければならない。

そこで期待されているのが、キャリア4年目のカリス・レバートだ。

レバートは複数のポジションでプレイすることができ、多彩なパフォーマンスでネッツを支えているが、ベテランガードのジャマール・クロフォードによると、レバートのプレイは二人の偉大な元NBA選手を思い起こさせるという。

クロフォードはレバートについて次のようにコメント。Nets Dailyが伝えている。

彼はアーミーナイフのようにすべてを少しずつ持っている。

スコアリングできるし、パスもある。

素晴らしい感覚も持っている。

彼を見ていると、ペニー・ハーダウェイの要素を少し持っていると思う。

ジョー・ジョンソンの要素も持っている。

この2選手は僕の中でも飛び抜けているんだ。

彼は君たちが思っているより大きい。

君たちが思っているよりサイズがある。

コートの上ではどんなことだってできる。

それに謙虚だ。

いつも質問してくるし、いつもゲームに取り組んでいる。

常に成長しようとしているのさ。

やる気に満ちているし、彼はいずれスターになるだろう。

間違いない。

クロフォードによると、レバートはミシガン大学の後輩であり、オーランズ入りしてから絆を深めているという。

偉大な先輩からこの上ない評価をもらったレバート。

来季はアービングとデュラントが復帰することもあり、出場時間は減少してしまうかもしれない。

そうならないためにもオーランドで結果を残し、ネッツに不可欠な存在であることを示したいところだ。

なお、レバートのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数39207
平均出場時間29.025.6
平均得点17.7(キャリアハイ)12.4
平均リバウンド4.1(キャリアハイ)3.7
平均アシスト4.13.5
平均スティール1.11.0
平均ターンオーバー2.51.8
FG成功率41.4%(キャリアワースト)43.0%
3P成功率38.1%(キャリアハイ)34.2%
フリースロー成功率72.0%(キャリアハイ)71.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA