【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「コービー・ブライアントはサイコだった」

コービー・ブライアントが元チームメイトであるシャキール・オニールについて発言したことを受け、当時のブライアントに関するさまざまなエピソードが明かされてきたが、元NBAプレイヤーのギルバート・アリーナスもここに加わったようだ。

アリーナスによると、マイケル・ジョーダンはワシントン・ウィザーズに所属していた当時、ロサンゼルス・レイカーズにホームで勝利した際にブライアントを挑発するような言葉を吐き、ブライアントはそれに憤怒していたという。

アリーナスは当時を振り返り、次のようにコメント。complex.comが伝えている。

「ワシントンで戦った時、ジョーダンが勝った。ジョーダンは彼を激励し、こう言ったんだ。『ただ、君がそれら(ジョーダンブランドのアイテム)を満足させることは決してないだろう。君がそれらのシューズを満足させることは決してないだろう』とね」

「それから彼(ブライアント)は誰とも話をしなくなった。チームメイトたちは、ジョーダンがロサンゼルスに来た時、何が起こるか分かってたんだ。ジョーダンが言ったことが、彼を突き動かした。彼はサイコさ」

アリーナスによると、ジョーダンの発言後、ブライアントは約2週間もチームメイトたちと話をしなかったという。

ジョーダンに憧れ、ジョーダンのスタイルを模倣して世界的なスーパースターへとのし上がったブライアント。

ジョーダンが憧れのスーパースターだったが、ブライアントの闘争心はそれを上回るほどだったようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA