【スポンサーリンク】

ステフィン・カリーは史上最高の”システムプレイヤー?”

NBAチャンピオンに3度輝き、2度のMVP受賞を誇るゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、間違いなくNBA史に名を残す偉大なプレイヤーのひとりだ。

驚異的なアウトサイドショットとボールハンドリングは他を圧倒しており、誰もがカリーの偉大さを理解しているだろう。

だが、カリーの個人としての能力を認めず、ウォリアーズのチームメイトやシステムがあってこそと感じている者も少なくない。

スポーツジャーナリストのボマニ・ジョーンズもそう感じているという。ジョーンズのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼には素晴らしいハンドリングがあるし、すべてを持ち合わせている。

ただ何かが違うんだ。

何が違うのかを説明するのは難しいけれど、ステフは史上最高のシステムプレイヤーのような気がする。

悪口を言っているわけではないよ。

そう話すジョーンズだが、マイケル・ジョーダンにはスコッティ・ピッペン、コービー・ブライアントにはシャキール・オニール、レブロン・ジェイムスにはドウェイン・ウェイドやカイリー・アービングといったように、NBA史に名を残すプレイヤーのそばには必ずもうひとりのスーパースターがいる。

カリーはクレイ・トンプソンとドレイモンド・グリーン、ケビン・デュラントと偉大なプレイヤーたちに囲まれていたが、カリーの実力は疑うべくもないだろう。

これまでのNBAゲームの常識を覆し、NBAを代表するスーパースターに上り詰めたからこそ、アンチも多いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA