【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「ケビン・デュラントは悪者になろうとしてるナイスガイ」

2年連続でファイナルMVPに輝き、名実共にリーグトップクラスのプレイヤーとなったゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラント。

この夏にウォリアーズと再契約を交わし、スリーピートへの貢献が期待されているが、デュラントのSNS上での反応を問題視する声も上がりつつある。

ダラス・マーベリックスのダーク・ノビツキーがデュラントのSNS上での対応に苦言を呈したのに続き、チャールズ・バークレーも指摘し始めたようだ。バークレーのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

「ケビン・デュラントは、悪者になろうとしてるナイスガイさ。そんなことできない。うまくいかない。彼は彼がどんなタフで悪者なのかを人々に証明することに時間を費やしてる。他人が言うことをすごく気にしてる。ケビン・デュラントは素晴らしいプレイヤーだし、素晴らしい男。私はゴールデンステイトに行ったことを批判した男のひとりだったけど、彼は何かにつけて反応する必要はない」

デュラントは以前、周囲からの批判に反応することについて「単に水掛け論を楽しんでるだけ」としていた。

それゆえにデュラントがSNSの使い方を変えることはないだろう。

とはいえ、来季はロサンゼルス・レイカーズ以来となるスリーピートに集中してもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA