【スポンサーリンク】

ロイス・オニール ジェイムス・ハーデンからの激励は「大きな瞬間だった」

ロイス・オニール ジェイムス・ハーデンからの激励は「大きな瞬間だった」

今季のユタ・ジャズはプレイオフに進出したものの、ファーストラウンドでジェイムス・ハーデン率いるヒューストン・ロケッツに敗れてしまった。

これを受け、ジャズはロスターの調整に動くと見られるが、NBAキャリア2年目を終えたロイス・オニールは、これからのジャズを支えるひとりになるかもしれない。

ロケッツ戦でハーデンにマッチアップし、素晴らしいディフェンスを見せたオニール。

オニールによると、シリーズ終了後にハーデンから激励の言葉をもらったという。オニールのコメントをUtahJazz.comが伝えている。

「彼から何て言われたかは言わない。激励とモチベーションを上げてくれる言葉だった。夏に向かい、来季に向かう中、MVPであり偉大なプレイヤーである彼からリスペクトしてもらう。俺にとって大きな瞬間だったんだ」

ドイツとスペインで経験を積み、NBA入りしたオニールは、ハーデンから激励されたことで「リーグのひとりになれた」と感じたという。

来季はさらにステップアップしたパフォーマンスが期待されるが、それを実現し、NBAプレイヤーとして前に進んでもらいたい。

なお、今季のオニールはレギュラーシーズン82試合に出場し、平均20.4分のプレイで5.2得点、3.5リバウンド、1.5アシスト、FG成功率47.5%、3P成功率38.6%を記録。

プレイオフでは5試合に出場し、平均27.4分のプレイで10.6得点、4.6リバウンド、1.6アシスト、FG成功率46.7%、3P成功率34.8%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA