【スポンサーリンク】

マイク・ミラー「ケビン・デュラントはやるべきことをすべてやる」

マイク・ミラー「ケビン・デュラントはやるべきことをすべてやる」

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントは先日、ブルックリン・ネッツにトレードを要求した。

だが、ネッツはデュラントのトレードでNBAスター、NBAスターのポテンシャルを秘めた若手選手、複数のNBAドラフト1巡目指名権と多くの見返りを要求しているため、トレードが実現する気配は今のところない。

ネッツに妥協する様子がないことから、デュラントはネッツの一員としてトレーニングキャンプもしくは来季開幕を迎える可能性が高まっているが、元NBA選手のマイク・ミラーによると、もしトレードが実現しなかったとしてもデュラントが試合参加を拒否することはないという。

ミラーはデュラントについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

KDはバスケが好き。

僕はKDのことを知っている。

KDはバスケが大好き。

彼はずっとバスケをするだろうね。

もし今後1ヶ月、2ヶ月でトレードが実現しなかったとしても、彼は姿を現し、プロフェッショナルとして彼の仕事をするだろう。

ハッピーではないのは理解している。

だが、年3500~4000万ドルをもらっている。

だからこの状況を切り抜け、自分の仕事をするんだ。

断言するよ。

もしショーン・マークスとケビン・デュラントが合意に至らなかったとしても、もしくは他のチームとトレードで合意できなかったとしても、彼はトレーニングキャンプに姿を現すだろう。

彼は彼自身をプッシュし、やらなければならないすべてをやるだろう。

その点に関して、彼はプロフェッショナルとしてやっていくはずさ。

ネッツが要求を引き下げない限りトレードは難しい状況であり、現時点ではデュラントがネッツに残留する可能性は高い。

同じくカイリー・アービングのトレードの見通しも立っておらず、アービングもネッツに残留する可能性が高まってきている。

彼らにはそれぞれ思うところがあるだろうが、もしデュラントとアービングが残留するなら、デュラント、アービング、ベン・シモンズのコンビネーションを楽しみにしたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA