【スポンサーリンク】

ゴードン・ヘイワードの妻がホーネッツを批判「選手を守らない彼らにはもううんざり」

ゴードン・ヘイワードの妻がホーネッツを批判「選手を守らない彼らにはもううんざり」

シャーロット・ホーネッツの元NBAオールスターフォワード、ゴードン・ヘイワードが、肩の骨折により離脱すると報じられた。

離脱期間は明らかになっていないものの、ヘイワードは週単位で再評価を受ける予定だという。

ヘイワードは現地2日のシカゴ・ブルズ戦で肩を負傷し、8試合連続で欠場。

ホーネッツはヘイワードの怪我について「打撲」とし、現地18日のクリーブランド・キャバリアーズ戦で復帰させたわけだが、その5日後に肩の問題が悪化し、骨折していると報じられた。

ヘイワードの妻は、ホーネッツが「打撲」と発表していたことに怒りを感じていたようだ。

ヘイワードの妻はホーネッツの対処と夫の怪我について、次のようにコメント。nypost.comが伝えている。

実際のところ、彼は肩甲骨を骨折している。

それなのに彼らは彼をプレイさせた。

最後のゲーム(現地23日のフィラデルフィア・セブンティシクサーズ)で彼が肩を上げることができなかたのは、それが理由だ。

このへんでやめておく。

この先のことには触れないでおく。

選手を守らない彼らにはもううんざりだ。

私は若い選手の母と話をした。

彼女も同じことを言っていた。

ヘイワードにはオフシーズン中にトレードの噂が出ていたものの、ホーネッツはヘイワードをロスターにキープした。

ヘイワードはホーネッツでの過去2シーズンでわずか95試合の出場にとどまっているが、もしホーネッツが怪我に適切に対処していないなら、ヘイワードは他のNBAチームへの移籍を考えたほうが良いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    これでヘイワードはモズコフ、デンの仲間入りかな。
    サラリー的にもカプチャック最大のミスでしょ

コメントを残す