【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチがユーロバスケットについて「怪我が増える可能性がある」

ルカ・ドンチッチがユーロバスケットについて「怪我が増える可能性がある」

今年のユーロバスケットには多くのNBA選手が出場している。

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポやダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチとNBAを代表するスーパースターも出場していることから、例年以上の注目を集めているわけだが、ドンチッチはユーロバスケットのスケジュールを懸念している模様。

ドンチッチによると、ユーロバスケットのタフなスケジュールが選手たちの怪我のリスクを高めてしまうという。ドンチッチのコメントをEurohoops.netが伝えている。

僕たちは5日間で4試合プレイする。

(日曜日は)基本的に24時間以内に2試合ある。

皆のためにも(スケジュールを)変えるべきだ。

休みが足りていない。

問題だ。

なぜなら、君たちも分かると思うが、怪我の可能性があるからね。

怪我が増えてしまうかもしれない。

特に(NBAの)球団は喜ばないだろう。

NBA各チームは選手たちの身体をケアするため、スタッフを各国代表チームに送り込んでいる。

特にバックスとギリシャ代表は強力な関係を築いており、ギリシャ代表はバックスのジョシュ・オッペンハイマーACをコーチングスタッフに加え、さらにバックスのスポーツサイエンススタッフやマイク・ブデンホルツァーHCも練習に加わるなどし、アンテトクンポの状態をチェックしているという。

アンテトクンポは前回のユーロバスケットで膝を負傷したこともあり、バックスとしても注意深く観察したいところだろう。

レギュラーシーズン82試合という長丁場をこなさなければならないNBA選手たちにとって、タフなスケジュールは怪我につながってしまう恐れがある。

ユーロバスケットに出場するNBA選手が増えてきていることもあり、ユーロバスケットは将来的にスケジュールの見直しを強いられることになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA