【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがセルティックスにスウィープされたことについて「屈辱的な体験」

カイリー・アービングがセルティックスにスウィープされたことについて「屈辱的な体験」

NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービングとケビン・デュラント擁するブルックリン・ネッツは、昨季NBAプレイオフ・ファーストラウンドでボストン・セルティックスと対戦し、スウィープで敗れた。

この敗戦は、ネッツとセルティックスのライバル関係の始まりとなったのかもしれない。

アービングによると、古巣セルティックスにスウィープされたことは「屈辱的な体験」だったという。

アービングはセルティックスにスウィープされたことについて、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

あのようになる運命だった。

モチベーションだ。

僕たちには屈辱的な経験が必要だった。

特にセルティックス戦でね。

あのマッチアップになるようにすでに組み込まれていたんだ。

僕たちは再び相まみえるだろう。

そうしなければならない。

だが、僕はボストンにいる若手たちの成長を見ることができた。

彼らが昨季成し遂げたこと、ファイナルの舞台でやったことを見た。

そのために僕たちを乗り越えなければならなかったことについては嬉しく思うよ。

アービングとセルティックスのファンの関係は誰もが知るところだ。

つまり、アービング擁するネッツをスウィープで下したことは、特にセルティックスファンにとって会心の勝利だったと言えるだろう。

アービングの今回の発言により、来季の彼らの対戦にはますます注目が集まることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA