【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「私はグラント・ヒルのような1on1ゲームを持っていた」

NBAレジェンドのシャキール・オニールは、圧倒的なフィジカルでインサイドを支配した。

身体が出来上がっていない若い頃は時折ドリブルで上がり、まるでポイントガードのような働きをすることもあったが、それがオニール本来の姿だったのかもしれない。

オニールによると、自身のスタイルはグラント・ヒルに近かったという。オニールのコメントをNBC Sportsが伝えている。

私のNBAゲームは私の1on1ゲームのようなものではなかった。

私の1on1ゲームは、グラント・ヒルに似ていたんだ。

ボールハンドリングがあったし、レッグスルーもできたし、トリックプレイなどもできた。

(アキーム・オラジュワンには)期待されていなかったようなことさ。

彼はその準備ができていなかった。

私は彼とことなrうゲームを見せたかったんだ。

”ドリームシェイク”を武器に相手を翻弄したオラジュワンが柔のセンターなら、圧倒的パワーで相手をなぎ倒したオニールは剛のセンターと言えるだろう。

オニールがオールスターゲームのアップ中にマイケル・ジョーダンと1on1で対戦し、華麗なスキルを披露したシーンは有名だが、もし柔のセンターとして育っていたらどうなっていたのだろうか。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA