【スポンサーリンク】

ケビン・デュラント「ケンドリック・パーキンスとは友達だった」

元NBAプレイヤーのケンドリック・パーキンスは、ケビン・デュラントがオクラホマシティ・サンダーを去った後からデュラントを批判し続けている。

デュラントのゴールデンステイト・ウォリアーズ移籍を「NBA史上最弱の動き」とも批判すると、先日はサンダーのフランチャイズ史上最高のプレイヤーとして、デュラントではなくラッセル・ウェストブルックをピックアップ。

元チームメイトであるパーキンスとデュラントのビーフが終わる気配はないが、デュラントがパーキンスからの口撃に言及した模様。デュラントのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「あの声明が対立を生じさせたよね。人々は『あれはKDへ向けた攻撃だ』と言う。俺からしてみれば、あんなことをする必要はない。ラッセルを称賛するために、俺を攻撃する必要はない」

「パーク、君のはただのプレイだ。なぜなら、君は仕事を欲してるし、仕事上炎上させたいだろうからね。だけど、こうなる前の俺たちは友達だった。こうなる前は一緒にバスケットボールをプレイしてた。君の家族のことも知ってる。なんでブラザーと呼んでた男に対してああいう戦術を使うんだい?」

パーキンスが注目を集めるためだけにデュラントを批判しているかは不明だ。

だが、コービー・ブライアント死去後、パーキンスはデュラントに対する口撃をやめると宣言した。

両者がかつての友情を取り戻し、パーキンスの口からデュラントを称賛する言葉が聞ける日を楽しみにしたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA