【スポンサーリンク】

シャリーフ・オニールがロバート・オーリーに反論?

シャリーフ・オニールがロバート・オーリーに反論?

NBAレジェンドのシャキール・オニールを父に持つシャリーフ・オニールは、父の古巣ロサンゼルス・レイカーズの一員としてサマーリーグデビューを果たした。

シャリーフ・オニールは十分なパフォーマンスを見せることができなかったわけだが、「ビッグショット」の愛称で知られるロバート・オーリーはシャリーフ・オニールについて「努力が足りていない」と指摘。

だが、シャリーフ・オニールは黙ったままでいるつもりはない模様。

オーリーの指摘を受け、シャリーフ・オニールは次のように反論したという。larrybrownsports.comが伝えている。

(オーリーの指摘は)愛から来るものであり、軽視したわけではない。

僕は分かっているよ。

君が「ビッグショット」だということは知っている。

だが、誰が僕を育てたのか、君も知っているはずだ。

僕は黙ったままではいない。

自分の手で勝ち取りにいけといつも教えられてきた。

正しいステップを踏んでいる。

いつか君にも分かってもらえるだろう。

レイカーズとの契約を勝ち取ることができなかったシャリーフ・オニールは、来季をGリーグで過ごし、経験を積むことになった。

NBAデビューへの道は簡単ではないだろうが、シャリーフ・オニールが一歩ずつ着実にステップを踏み、夢を実現する日が来ることを期待したい。

なお、オーリーはシャリーフ・オニールについて以下のように指摘していた。

僕は電話を手に取り、シャックに連絡する準備をしていた。

「君は息子に伝えなければならない。オニールの名前を出してプレイすべきではない」と言うつもりだった。

もっと努力しなければならない。

シャリーフが好青年だということは分かっている。

だが、彼がそこ(NBA)に行き着き、望むものを手に入れるために必要な闘争心があるかどうかは、僕には分からない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA