【スポンサーリンク】

ラメロ・ボールがラバー・ボールの発言に反論

今季をオーストラリアリーグでプレイしたラメロ・ボールは、2020年NBAドラフト上位指名候補のひとりだ。

プレイメイキングとスコアリングを併せ持つボールをどのNBAチームが指名するか注目が集まるところだが、父ラバー・ボールはかねてから「ゴールデンステイト・ウォリアーズにはフィットしない」などと発言。

先日も「ウォリアーズにはフィットしない」と繰り返し、ウォリアーズに息子を指名しないよう繰り返しアピールした。

これを受け、ラメロ・ボールが反論した模様。

ラメロ・ボールによると、どのNBAチームでもうまくプレイできるという。ラメロ・ボールのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

僕の父は彼自身を持っている男だ。

彼には彼の意見がある。

僕には僕の意見がある。

前にも言ったように、僕はどのチームでもプレイできると感じているんだ。

どのチームにも素晴らしくフィットすると思うよ。

ウォリアーズが誰を指名するのか気になるところではあるが、現時点ではラメロ・ボールは指名しないと報じられている。

ラメロ・ボールはNBAチームで唯一ニックスと話をしたというが、もしニックスに指名されることになれば、かねてからニックス入りを希望しているラバー・ボールも大喜びだろう。

果たしてラメロ・ボールはどのチームでNBAデビューを果たすのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA