【スポンサーリンク】

ホークス エバン・ターナーとチャンドラー・パーソンズに出場カットを伝える?

ホークス エバン・ターナーとチャンドラー・パーソンズに出場カットを伝える?

再建中のアトランタ・ホークスは、今季もプレイオフ復帰が絶望的な状況にある。

現地3日の時点でリーグワーストとなる7勝28敗にとどまっているホークス。

ここまでの結果を受け、ホークスは残りのシーズンを若手の成長のために使うようだ。

clutchpoints.comによると、ベテランのエバン・ターナーは、ホークスから彼とチャンドラー・パーソンズを今後起用しない可能性があることを伝えられたという。

これにより、ターナーとパーソンズはバイアウトでホークスを離れる可能性がある。

経験豊富なターナーに興味を持つチームは現れると見られるが、パーソンズには厳しい未来が待っているかもしれない。

なお、今季のターナーは18試合に出場し、平均12.8分のプレイで3.3得点、2.0リバウンド、2.0アシスト、FG成功率38.1%、3P成功率0%(5本中0本)を記録。

キャリアを通してフィラデルフィア・セブンティシクサーズ、インディアナ・ペイサーズ、ボストン・セルティックス、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ホークスでレギュラーシーズン通算704試合に出場し、平均26.9分のプレイで9.7得点、4.7リバウンド、3.5アシスト、FG成功率43.4%、3P成功率29.4%を記録している。

一方、パーソンズは今季5試合に出場し、平均10.8分のプレイで2.8得点、1.4リバウンド、0.6アシスト、FG成功率27.8%、3P成功率28.6%を記録。

キャリアを通してヒューストン・ロケッツ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、ホークスでレギュラーシーズン通算440試合に出場し、平均30.1分のプレイで12.7得点、4.5リバウンド、2.7アシスト、FG成功率46.2%、3P成功率37.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA