【スポンサーリンク】

ネッツとニックスがザック・ラビーンのトレード獲得を狙う?

シカゴ・ブルズはチームを根本から改革するため、フロントオフィスの刷新に着手した。

これを受け、ロスターが再編成される可能性がある。

これまではザック・ラビーンを中心としたチーム作りをしていくと見られいたが、フロントオフィスの刷新に伴い、その方針が転換する可能性も否定できない。

そんな中、ラビーンのトレード獲得を狙うチームが浮上した模様。

thescore.comによると、ブルックリン・ネッツとニューヨーク・ニックスがラビーンのトレード獲得に関心を持っており、ラビーンのバックグラウンドを調査するとともにトレードへ向けて水面下で準備を進めているという。

トレード要員としてネッツは若手有望株を、ニックスはドラフト1巡目指名権を準備すると噂されている。

ラビーンは2021-22シーズン終了後に完全FAになるが、ブルズとしてはただラビーンを手放すよりトレードで資産を獲得したいところだろう。

果たしてこのトレードは実現するのだろうか?

なお、ラビーンのスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数60353
平均出場時間34.830.8
平均得点25.5(キャリアハイ)17.7
平均リバウンド4.8(キャリアハイ)3.6
平均アシスト4.23.6
平均スティール1.5(キャリアハイ)1.0
平均ターンオーバー3.42.5
FG成功率45.0%44.7%
3P成功率38.0%37.5%
フリースロー成功率80.2%81.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA